資格タイトル
ビジネス能力検定

ビジネス能力検定:
社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価を行い、業種・職種を問わず、社会人に必要な基礎能力を評価する資格であります。会社で身に付く事でもあらかじめ資格を持っておけば会社設立の際にも即戦力として期待できますね。

1級:入社5年目のリーダーを目指す人に求められ、組織のリーダーに求められるマネジメントの基本や社内外での総合的なコミュニケーションスキル、事業の立案に必要な経営戦略、マーケティング、財務知識などが求められる資格であります。

2級:入社2・3年目に必要な実践的能力が求められ、顧客対応などの実務的なビジネスコミュニケーションや論理的思考と効率的な仕事の進め方や実務に必要なビジネス常識・スキルなどが求められる資格であります。

3級:新入社員に必要な基礎的能力が求められ、ビジネスマナーなどといったコミュニケーションの基礎・顧客意識など仕事に対する基本姿勢やビジネス常識・文書作成などの基本スキルが求められる資格であります。

簿記能力検定

簿記能力検定:
企業の経理などの簿記能力・経理能力は求められる資格であります。

上級:商業簿記、会計学、工業簿記、価計算について高度な知識があり、複雑な実務処理能力が求められる資格であります。合格者すると税理士試験が受けられる。

1級:商企業・工企業における経理責任者として必要な商業簿記・工業簿記に関する知識があり、高度な実務処理が求められる資格であります。

2級:個人企業・法人企業の経理担当者・経理事務員として必要な商業簿記に関する知識があり、実務処理が求められる資格であります。

3級:個人企業の経理担当者・経理補助者として必要な商業簿記に関する知識があり、簡易な実務処理が求められる資格であります。

4級:商業簿記の基礎的な知識があり、初歩的な実務処理が求められる資格であります。


秘書能力検定

秘書能力検定:
秘書として業務を行うために、秘書に必要な技能や仕事の進め方、マナーや気配りの仕方などといった秘書業務に必要とされる能力が求められる資格であります。

1級:秘書の職務についての理解が十分にあり、専門的な秘書業務における高度な知識・技能が求められ、上級秘書として専門的な業務が求められ資格であります。また、英検2級程度の英語力が必要とされています。

準1級:秘書の職務についての理解があり、専門的な秘書業務における知識・技能が求められ、秘書として一般的な技能水準を超える秘書業務が求められる資格であります。

2級:秘書の職務についての理解があり、一般的な秘書業務における知識・技能が求められ、秘書として一通りの秘書業務が求められる資格であります。

3級:秘書の職務についての理解があり、基本的な秘書業務における知識・技能が求められ、新入社員に求められる社会常識のマナー・ビジネスマナーなどといった人間関係を理解した上で適切に実践できる事が求められる資格であります。

特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会HP

Favorite

携帯料金の現金化

Last update:2017/6/12

『資格 ビジネス』 最新ツイート

@1826noon

ってかこういうことで喜んでいる私はわたせせいぞうの表紙の日経ビジネスを笑う資格なんてないって思うのよ

1分前 - 2017年09月24日


@AgofN1GU

自分を飾るための資格をとる暇があるのなら、マーケティングやセールスを学び、実践し、お金を生み出す知識を身につけることを優先させたほうが良い《…お金を稼ぎたいならスモールビジネスをやるしかない》

22分前 - 2017年09月24日