資格タイトル

初級システムアドミニストレータ

初級システムアドミニストレータ:
エンドユーザーにおいて、情報技術に関する知識又は技能があり、部門内又はグループ内の情報化を利用者の立場から推進できる者などが所得する資格であります。パソコンやインターネット関係の会社設立をするならこの資格保有者が有利ですね。

・仕事の進め方を把握し改善策などを考える、システム思考能力、DFD、ワークフローなどといった手法又はコンピュータに関する知識がある。

・システムの開発、利用について、ヒューマンインタフェース設計、テスト、システム運用に関する知識、技能がある。

・パソコンやネットワークに関する基礎知識ある。

・業務で表計算ソフトやデータベースソフトなどのツールを操作又は活用することができる。

・パソコン導入、運用、管理における実務的な知識、技能がある。

・パソコンの様々な使い方やパソコン利用環境、オフィス環境の知識がある。

・情報化推進に対する話し方、文書の書き方、ビジュアル表現方法といった知識がある。

上記の内容が基準なっている資格であります。

基本情報技術者

基本情報技術者:
情報技術全般において基本的な知識又は技能があり、システム開発プロジェクトにおいて、プログラム設計書やプログラムの開発を行い、単体テストまでのプロセスが担当できるぐらいの能力があるものなどが取得する資格である。

・情報技術においての基本的な用語・内容などの知識がある。

・上位技術者の指導やプログラム設計書を作成することができる。

・プログラミングに必要な論理的思考能力がある。

・一つ以上のプログラム言語の仕様を理解し、言語を使ってのプログラムを作成するできる。

・プログラムのテスト手法を知っており、単体テストを実施することができる。

上記の内容が基準なっている資格であります。

上級システムアドミニストレータ試験

上級システムアドミニストレータ試験:
エンドユーザーにおいて、業務での情報技術の活用についての知識や技能をもち、情報化リーダとして業務改革、改善を推進することができるものなどが取得できる資格であります。

・経営やマネジメント、情報技術において全般的な知識があり、ビジネス、情報技術などの動向が捉えることができる。

・電子商取引などの最新経営技術、情報技術などの動向を理解し、業務モデルの企画立案できる。

・業務モデルの策定、理解により、幅広い視点、視野をもち、全体なソリューションを考えられる。

・情報システムの提供者との検討において、ビジネス・業務・システムを理解し適切な機能モデルが作成できる。

・自企業、組織の現状や業務などを他社状況、市場状況などを踏まえて正しく分析し、問題点を明確にすることができる。

・問題点を整理し、優先順位を考え解決策を策定することができる。

・解決策において費用対効果分析、リスク分析を行い、その結果を経営層に説明することができる。

・解決策において業務、組織、システムの設計を行い、実現させることができる

・解決策においての効果目標又は評価基準を設け、達成度評価ができること

・計画において管理や必要に応じて、対応策を行うことができる

・システムの活用で、イントラネットで情報発信の促進、情報の質的向上を図るなどといった情報技術を業務の改革、改善として考慮することができる。

上記の内容が基準なっている資格であります。

民間資格に関する疑問

Valuable information

2015/10/8 更新


コンピュータ関連
事務・経理・オフィス関連

『資格 技術』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ovydkrt6/public_html/malti.html on line 141